ささえるワールドカフェ IN ふじのくに 「3 月16 日土曜日は、文化芸術と地域をたっぷり考える」 感想編

ささえるワールドカフェ IN ふじのくに 「3 月16 日土曜日は、文化芸術と地域をたっぷり考える」感想編
13-03-16_001.jpg


・昨日鴨江別館でやってた、ささえるワールドカフェ IN ふじのくに 「3 月16 日土曜日は、文化芸術と地域をたっぷり考える」行ってきました。長丁場で、疲れた。
やはりアートとか文化とかの視点からの話が多かった。
そのアート側の人が、最後のディスカッション内で「アートは、無駄なモノ」と言い切ってしまったりするのが面白かった。
浜松市以外の商工会議所の人や県職員等色々な視点からの意見や悩みも聴けて面白いシンポジウムでした。
地域がテーマに入ってるシンポジウムであるので、様々な県民が集まって話し合えた事が大切だなと。


「アートを地域」で行う、「地域でアート」を行う。
・地域という中に、どれだけ芸術や文化に興味があって関わってる人がいるのか。
正直9割8割の人がとか、重く見積もって良いぐらいだと私は思います。
芸術や文化の場所だけで行うならこの人達は頭数に入れなくていいわけです。
しかし、「地域」でと考えるならばこの人達も入ってくる。
この人達を無視して行うのであれば、「地域」として行う意義が無い。
地域で行うってことは、そう言う事だとおもいます。

・文化や芸術に普段関わってない人を引き付ける何かと言うモノも大切ですね。
それに加えて、誤解を招かず理解できる範囲、自分から次につなげられる面白み、を感じられる文化・芸術の紹介ができる物である事が大切かと思います。
ドヤ顔で「これがジャズってもんや」と言われて聴かされて、聴く方が置いてきぼりな感じはダメすぎる。
日本人は教育の中でそれぞれ文化・芸術について学んでいるので、その価値観を崩してなるほどと言わせられる位が良いのかと思う。

・児童をターゲットにした話がありましたが、児童向けにする場合親御さんの理解も大切だと思います。
それに加えて、高齢者相手でも家族の理解が大切。
高齢者の中にはかなりの数の潜在的な文化・芸術に携わっていた人がいると自分は思う。
しかし、歩行困難だったり精神的な問題だったりで外に出ていかない人が多い。
そう言う人が外に行くには、家族の助けが必要。
大体40代~の人になりますね。児童だったら20代後半~ですかね。
この年代は、仕事に加えて家庭の問題とか色々と大変な所。
そう言う問題を補いながら、地域と芸術、文化に参加できるモノである方が良いかなと。

私のモヤモヤ
・公園でのんびりの話を聞いて。
これはやっちゃダメとか危ないとか言われる事が多すぎて段々と一つの場所で行える事が少なくなってきている。
(そいう場所もなくなってるのですが。)
それだと、これはココ。あれは、ココとか。今まで一つで行えた事が、違う所で行う事になる。
専門的な役割を持った物が出来てくる。
その状態が続くと、これはこう言う物。あれは、こう言う物。となってしまうのではないかな。
何か高等な物に見えてくる。
何か知ってもらうには、楽しい、簡単だと思わせたり、自分でもできる、自由だと思ってもらうのがフォロワーが増える教え方だよね。
答えを用意しておく場所だけではなく、問いかけの場所があっても良いかなと。
公園に行っても、鬼ごっこ一つできない子が現れないかと怖いのです。

・上に続いて
自分の本業もそうなんですが、細分化されていて尚且つ縦社会の繋がり重視である事が多い。
音楽のジャンルもそうだけど、横の繋がりも大切にし始めて合併も考えてみてはどうですかねと。

・文化や芸術への理解者
文化や芸術を肌で触れている人や理解してくれる人を育てる事が大事だと思う。
日本人の殆ど(自分も含めて)教養だったりと文化・芸術に対して理解や触れる事が足りてないのではと思う。
そう言う社会で育った人から自分達は色々と社会を教わってるのだから、それはそれは理解する事や触れる事ができないよねと。
だから、自分達の世代からは少なからず上の世代の真似はしないようにしなければと思う。
(個人向け国債なんてやらないよ)

・上に続いて
先ずは、自分の中のモノをアウトプットする事を覚える。気軽にする。
芸術とか文化とかだと完成された物ではとか、極端に考える人が多すぎるけども、ツイッタ―のつぶやきぐらいの気軽さでアウトプットすることも大切だと思うし、150字ぐらいの情報量の作品でも大丈夫だと思う。
絵が下手だからとか言う人もいるが、ブログ等の文書は書いていると言う。
文書だって、上手い下手があるのにね。
単純に自分にできるできないの違いで判断してる事が多い。

気軽にアウトプットして誰かに判断してもらい評価してもらう事で、技術や中身ができてくるのではと。
自分のモヤモヤした物を誰かに相談する様な感覚で、自分を出すってことが凄い大切なんじゃないかな。
自分ではそれしかないと思っていた事も、そう言うので案外解決したりするんじゃないかね。
だから、○○カフェと言うイベントでアウトプットの練習も良いと思う。
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ダブ王国
おすすめ記事
僕らのダブ王国からのお知らせ
月別のイベントカレンダーは、労力的に辞めました。ツイッターでのRTは、引き続きやります。これからは、かなり不定期更新になると思います。
入国案内

openclose

ダブ
月別アーカイブ
ダブ王国
僕らのダブ王国
QR
ダブ王国
最新記事
リンク
ダブ王国
私はくろふねと言います。

くろふね

Author:くろふね
ダブ王国入国、ありがとうございます。王国管理者である、貧民のくろふねです。
ダブ(静岡)王国の情報を中心に紹介。他国の文化情報やダブ(静岡)王国民(貧民くろふね)の生活等もお伝えします。

私については
管理人のプロフィール

静岡県のイベント情報も載せていきたいと思います。(浜松中心になりますが)
全てではないですが、ツイート等連絡で情報をもらえれば載せたいと思います。

このブログについては
ブログのこと

僕らのダブ王国成分分析



ブラックon
Google+


ツイッタ―始めました@kuro_and_fune
よかったらフォローしてください。

ある理由の為、フェイスブックも作ったよ( ・ω・)∩
Shiro Kuro

※注意※
●223%非公式情報。
●この国のメイン広場は迷いやすいので、入国案内や国内検索機等の観光案内サービスを推奨します。
●コメント歓迎。もっと知りたい記事は、コメ下さい。(努力します)
●リンク先は慎重に張っていますが、もし問題があれば連絡下さい。
●著作権など掲載記事に問題がある場合は、連絡下さい。

ツイッター

FC2Ad

Copyright © 僕らのダブ王国 All Rights Reserved. &Default Template design by REDNOIR Customized by NEKO