「2014年このアルバムがすごい」BYくろふね

「2014年このアルバムがすごい」
選定基準は、作品の善し悪しというよりもやってることが面白いという事。所謂今年の名盤よりも良盤で、聴いたあとにアイディアの一つになりそうなアルバムと言う基準。

1位:
てあしくちびる「Punch! Kick! Kiss!」

ギターとヴァイオリンを弾きながら男女二人の声と声がぶつかり合い飛び交い奏でるポップネスヒップホップワールド。ありそうでなかった感じが好き。ザゼンボーイズのようなラップ的曲やストリングスが絡み合う曲、同じフレーズで引っ張る子供向けな曲等幅が広くてもポップにまとめれてるとこがすごい。「ペリ」なんてネタで終わる感あるけど、やられた感あり。MVよりもライブ動画の方がかっこよいので、今一番ライブが見たい人達。CAR10等栃木県足利市のシーンにいる人達でもあると思うので(活動東京多いが、出身が足利なので)足利のシーンも知ってほしい。というか、自分も全然知らないので、一緒に深めたい。
⇒てあしくちびる「ペリ」


2位:
Sam Lee & Friends「The Fade In Time」

イングランドの伝統音楽を独自のセンス(伝統的な編成ではなく、空き箱をパーカッションに入れたり、和楽器を入れている等という事)で奏でて歌うフォークシンガーサムリー。焼津に来てたそうで、行きたかった。バンドの楽器に和楽器を入れていると言うことで、絶賛邦楽界がプッシュ中の外国人。東京では雅楽の奏者の日本人とコラボったりと、(日本メディア受け良いネタなので)次回作から注目される事間違いない。
歌詞カードに曲解説がしっかりとあるので、自分みたいなイングランド伝統音楽初心者でも面白い。
⇒ライブ動画 


3位:
V.A.「今夜、地球の音楽では~ローズレコーズ・コンピレーション~」

ローズレコード10周年記念の一週間下北沢で行われたイベントを出演順のままに2枚組でコンパイルしたライブイベントメモリアルなレーベルコンピレーションアルバム作品。下北沢各所で行われていたらしく、日により会場が違う。ローズには、ライブハウス以外でもライブをする人もいるので、狙ってるのかな?ただのレーベルコンピ的ではなくて、10周年記念イベントのメモリアル的にもうまくまとまっていて、アルバムの背景を説明してストーリーをつけてるのが良い。ライブ音源なのでスタジオ録音と比べると音質はダメかもしれないけど、空気感が伝わる作りがされてるので、好きです。二枚組で2000円切ったお値段なのがパンク価格。個人的にその他の短編ず押し。BBB(ビーボーイバラード)好きです。このアルバムに入ってる音源冒頭で、ドラムマシンのBPM下げる動作を想像させるとこが一番好き。ローズにいる福岡の人たちは、一癖二癖ある人たちなので、聴いておくと良い。
⇒『今夜、地球の音楽では~ローズレコーズ・コンピレーション~』CM


2014年に音源買って良く聴いていた人達(ミックスCDに入れた人等)
skip skip ben ben、Ezra Furman、三回転とひとひねり、森脇ひとみ、來吧!焙焙!、白、Hi,how are you?、Hedgehog、Forests、サカナクション、Goat、トリプルファイヤー、マッスルNTTなどズthe pillows、おれ、夕子、銀杏BOYZ、スカート、ジョセフ・アルフ・ポルカ、フルーツアンドベジーズ、ロンリー、メシアと人人、洪申豪、Eunaly、ryohadano、my letter
正直これ以外もたくさん聴いてるので思いつくのがこれだけ、個人的には銀杏がアルバム出してくれて嬉しい。シングルのミックスの方が良かったなと思う曲多いけどね。大人になった銀杏を感じる二枚だった。安孫子さんのレーベルも気になるので、チェックしとこう。
因みに今年のベストトラックは、森ゆにの「てまえみそのうた」ですけどね。
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ダブ王国
おすすめ記事
僕らのダブ王国からのお知らせ
月別のイベントカレンダーは、労力的に辞めました。ツイッターでのRTは、引き続きやります。これからは、かなり不定期更新になると思います。
入国案内

openclose

ダブ
月別アーカイブ
ダブ王国
僕らのダブ王国
QR
ダブ王国
最新記事
リンク
ダブ王国
私はくろふねと言います。

くろふね

Author:くろふね
ダブ王国入国、ありがとうございます。王国管理者である、貧民のくろふねです。
ダブ(静岡)王国の情報を中心に紹介。他国の文化情報やダブ(静岡)王国民(貧民くろふね)の生活等もお伝えします。

私については
管理人のプロフィール

静岡県のイベント情報も載せていきたいと思います。(浜松中心になりますが)
全てではないですが、ツイート等連絡で情報をもらえれば載せたいと思います。

このブログについては
ブログのこと

僕らのダブ王国成分分析



ブラックon
Google+


ツイッタ―始めました@kuro_and_fune
よかったらフォローしてください。

ある理由の為、フェイスブックも作ったよ( ・ω・)∩
Shiro Kuro

※注意※
●223%非公式情報。
●この国のメイン広場は迷いやすいので、入国案内や国内検索機等の観光案内サービスを推奨します。
●コメント歓迎。もっと知りたい記事は、コメ下さい。(努力します)
●リンク先は慎重に張っていますが、もし問題があれば連絡下さい。
●著作権など掲載記事に問題がある場合は、連絡下さい。

ツイッター

FC2Ad

Copyright © 僕らのダブ王国 All Rights Reserved. &Default Template design by REDNOIR Customized by NEKO