なんともない≒フリーペーパー発行

なんともない≒フリーペーパー発行

IMG_0002.jpg なんとも2表紙

実はここ最近、ZINEを2部作ってました。それぞれ30部程作り、知り合いのお店や施設に置かせてもらいました。
残りは正確に把握してないですが、両方合わせても数冊程度だと思います。
浜松で見かけた時は、試し読み程度にどうぞ。
もちろん持って帰ってくだ去っても良いですよ。



ZINEを何故作ったか?
大きな理由が、ネットの繋がりの枠外へアプローチしたい為。自分の好きな情報は、TwitterやGoogle等ネット検索により「あなたにオススメ」として似通った情報が知りやすくなった。このオススメは、便利すぎて仕方がない。好きな情報を知れて、ネットショッピングと組み合わさって財布の中身を食い尽くす「悪魔のススメ」だと思うほどだ。

学校で教えてもらったネットとの付き相方の一つに、信用に欠ける多くの情報から信用できる情報を見つけ出すと言う事。これはほんとに時間のかかる作業を必要とする。
全くと言っていいほど余計な情報の海から必要な情報っを見つけるのだからだ。実際この状況が一般的だったからこそ、書籍情報の価値が崩れなかったのだと思う。
現在この作業もオススメを示されることにより簡略化された。システムによってオススメという形で、ビッグデータから同じ趣向の必要とした情報を参考にして、この人にはこの情報が良いだろうとお節介を焼いてくれるのだ。ネットの村社会化というが、その極みだろうと思う。村同士で仲良くなるオススメを教えてくれる優しいお節介だ。
しかし本当にお節介でたまらない、システムにより勝手に自分をジャンル分けし、これがオススメなんだろと言ってくるめんどくさい奴だ。

システム的になりすぎて、オススメされない情報を知る機会がなくなってるのではと思う。自分の趣味趣向とは違う情報、反対意見な情報、他言語の情報等と言う、言わば無駄な情報。この無駄な情報という全く違う情報との出会いから、遠ざかっているのではと思う。これには、情報の価値は持っている本人が決める事であると言うのが抜け落ち、求める情報との巡り合いと言う新たな出逢いが、システム的に割り当てられた出会いへと変わっている。検索という森から自分の求める木を簡単に見つけるシステムによって、森の入口に生えている木さえも知らずにたどり着けるのがオススメのお節介な所である。

社会にネットが入り、システムにより選別された情報が社会をつくり人をつくっていくのが怖い。予定される事を前提とした社会が怖い。スポーツの報道の手のひら返しが酷く、報道側が予定している様に選手は(プレイではなく)演じなければいけないかと思ってしまう。無駄という杭を打ち付け続け、余白や遊びのない読んで字のごとく無駄のない社会が実現するのかなと思ってしまう。

ZINEを作ることで、したいこと。「無駄な情報との出逢いを一つ作りたかったから」と「自分を創る他者を確認する事」の二つ。前者については、さっき話したことが関係してます。後者は、ZINEのなかに書きました。
紙媒体情報の利点は、情報の受け手が強制的か選択的かの二択の幅が極端なの所。店側がチラシを買い物時に入れたりする強制的受け取り、たまたまその場所に放置された情報を吟味し選択する選択的受け取りの極端な所。
その為、オススメシステムによるジャンル分け外との情報へのアクセスが出来ると思ったからである。
この自分が作った情報を手に入れて、無駄な時間を創って欲しい。
この情報で、余白や遊びが生まれると幸いです。
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ダブ王国
おすすめ記事
僕らのダブ王国からのお知らせ
月別のイベントカレンダーは、労力的に辞めました。ツイッターでのRTは、引き続きやります。これからは、かなり不定期更新になると思います。
入国案内

openclose

ダブ
月別アーカイブ
ダブ王国
僕らのダブ王国
QR
ダブ王国
最新記事
リンク
ダブ王国
私はくろふねと言います。

くろふね

Author:くろふね
ダブ王国入国、ありがとうございます。王国管理者である、貧民のくろふねです。
ダブ(静岡)王国の情報を中心に紹介。他国の文化情報やダブ(静岡)王国民(貧民くろふね)の生活等もお伝えします。

私については
管理人のプロフィール

静岡県のイベント情報も載せていきたいと思います。(浜松中心になりますが)
全てではないですが、ツイート等連絡で情報をもらえれば載せたいと思います。

このブログについては
ブログのこと

僕らのダブ王国成分分析



ブラックon
Google+


ツイッタ―始めました@kuro_and_fune
よかったらフォローしてください。

ある理由の為、フェイスブックも作ったよ( ・ω・)∩
Shiro Kuro

※注意※
●223%非公式情報。
●この国のメイン広場は迷いやすいので、入国案内や国内検索機等の観光案内サービスを推奨します。
●コメント歓迎。もっと知りたい記事は、コメ下さい。(努力します)
●リンク先は慎重に張っていますが、もし問題があれば連絡下さい。
●著作権など掲載記事に問題がある場合は、連絡下さい。

ツイッター

FC2Ad

Copyright © 僕らのダブ王国 All Rights Reserved. &Default Template design by REDNOIR Customized by NEKO