The Tate 2014年12月10日

The Tate   2014年12月10日
20141209232705132.jpg
https://twitter.com/TheTateOfficial
元deepNowで透湖ちゃんのお兄さんのソウシくんの新しいバンド。(2014年12月現在)
ソーンレコーズにプレスしたサンプラーを配っていたので、若くて気合があり、どの様に売りたいかと言うのを凄い感じる始め方をしていたので、(勿論曲が良いのも有りますが)ライブで見たいと思っていたので願ったりな叶ったり日でした。
20141209232705073.jpg
音的には、エレクトロニカでダブステップだそうです。歌もの過ぎずインスト過ぎずな塩梅。元々やってバンドがロックバンドなので、レディオヘッドのロータスフラワー的な感じと思いますが、全くそんなこと無くて、エレクトロニカって感じのサウンド。ボーカルもサンプリング的に使っていて、良い感じのリズムを作っていて良い。フォーテットより。イージーリスニングまではいかないけど適度にやさしいポップで踊れるサウンドのエレクトロニカですね。
20141209232705466.jpg
ライブに関していうと機材多めで楽器を変えながら演奏し、使う楽器と機材をローテーションしながら扱うのが見ていて面白いです。元々二人組だと聞いていたのですが、この日から三人体制になったそうです。
男一人女二人の三人組がローテーションしながら音をつくってくのは、ライブ感あって面白かったです。
地元のCDショップとかに名刺替わりの無料サンプラーが置かれているので、見かけたらもらって聴いてみてください。

"友野可奈子展”  あるいてうってちょっとけって 感想編 2014年12月20日

「友野可奈子展」  あるいてうってちょっとけって 感想編 2014年12月20日
20141221170106903.jpg20141221170107033.jpg

"友野可奈子展” 
あるいてうってちょっとけって

12月20日(土)~2015年1月11日(日)
万年橋パークビル at hachikai
(〒 430-0944 浜松市中区田町327-19)
水曜日休み

12月20日 オープニングイベント 
⚫︎17:00~18:30トークイベント 「相伴の座談会」at 黒板とキッチン
 ゲスト 青木明子(鴨江アートセンター)
     大澤郎 (BASE.lab)
     大東翼 (株式会社 大と小とレフ)
     中村陽一 (BOOKS AND PRINTS)
     水谷供子 (浜松市役所産業振興課)
 司会ー鈴木一郎太 (株式会社大と小とレフ)

⚫︎18:30~ ギャラリートーク at hachikai
 友野可奈子 × 桑田亜由子(デザイナー)

(協力)
田町東部繁栄会/鴨江アートセンター/BASE/BOOKS AND PRINTS/手打ち蕎麦naru/田町パークビル株式会社/株式会社 大と小とレフ
http://canaco-nomoto.jugem.jp/


2014年の12月20日から友野可奈子先生の個展が始まりました。
メインは、水窪から運んで来た古民家と囲炉裏の事を日々描いた日記の展示。他には、木片?にイラストを描いた作品も。来年の一月十一日迄やってるそうです。

夜の山を描いた複数の作品は、自分も水窪の夜は好きなので、凄く好きだなとピント来た作品。
未だに、まちを見下ろす様に山の斜面にあるお寺の墓場に夜な夜な行ったら、青いビニールシートが掛かった一画だけが煌々と照らされている光景を思い出します。
水窪の山中で一泊のキャンプした事も有りますが、夜と言う言葉に深くなると言う言葉を使いますが、まさにそんな光景だと思います。
そのが伝わる作品でした。

『いろり日記』ですが、建築と女性的な日常系が合わさったコラム漫画風味な記録本。1200円。
1日が描いてある為、日常と仕事の両方を描いてある。解体から組み立てまで、そしてお披露目迄を丁寧にちょいちょいそれぞれのエピソードを挟みながら読み進めてプロジェクトの全体像を知れる本です。
友野先生が描くイラストの線は細く、絵の題材が古民家で生活感ある物なので、何となく今和次郎の孝現学入門(半分迄読んで無くしてしまった本)のイラストを思い出しました。あれは、東京の震災後に出来たバラックをひたすらスケッチした絵だったかな。
一緒に参加した様になるぐらい、日常的な部分もしっかりと描いてあるので、ちょっと青春を味わえる感じ。
最後の方にあるお祭りのシーンだけ何か絵から感じる空気感が違ってるのが気になりました。
イラストに書き込んである文字が少なかったからかな?

展示を見るのに入場料はかからないのですが、この「いろり日記」を入場券だと思って買って帰ると一通りの話が繋がってとても良い個展に感じると思いますよ(・ω・)ノ
関連記事

辻林 美穂/Miho Tsujibayashi/tsvaci (つばし)

辻林 美穂/Miho Tsujibayashi/tsvaci (つばし)
20141203190739446.jpg
http://meivtsvaci.wix.com/tsvaci
https://twitter.com/tsvaci
作曲家。
tsvaci(つばし) 1991年生まれ、静岡県三島市出身在住。
2014年に昭和音楽大学作曲学科デジタルミュージックコース卒業。 作曲を由雄正恒、飯田俊明、湊雅行の各氏に師事。
2014年3月2日、RADIO SAKAMOTO AUDITION #53にて、『あぶく』がノミネー トされる。
そして3月22日、若手注目トラックメーカーtofubeats(トーフビーツ)がメインパーソナリティーを務める”tofubeatsのOMG BEST ALBUM EVER”にて、『You know...』が選出される。

転載元⇒http://meivtsvaci.wix.com/tsvaci#!about/component_73913

現在三島市に拠点を置き、映画音楽や他アーティストへの楽曲提供等の製作の傍ら、首都圏にて自己のアーティスト活動やヴォーカリストとしての楽曲参加など行っている。

私は、2014年11月29日にやった楽×学の講義内初ライブを観て知りました。
色々とつてを使ってその日に音源ゲット。
ライブは、スマホから鍵盤と歌以外の音を流してそれに合わしての鍵盤弾き語りといった感じ。
本人曰く人前での演奏経験少なくほぼ初ライブらしいです。
始終初々しい感じのライブでした。
後で音源聴くとライブでは楽曲の完成度と演奏のアンバランスさは際立っていたけども、しっかり良さは伝わってきました。
楽器数多めで、パーカッションの使い方が、同じradiosakamotoつながりだとコトリンゴっぽいなと聴いてて思ったかな、、、
鍵盤以外の楽器の音が可愛いのですが、歌声も良いので、鍵盤と歌声だけの演奏でも良いと思うな~
安心感のあるメロディでよいです。
鍵盤弾き語りで1分弱って言う演奏時間がパンクですね。



ダブ王国
おすすめ記事
僕らのダブ王国からのお知らせ
月別のイベントカレンダーは、労力的に辞めました。ツイッターでのRTは、引き続きやります。これからは、かなり不定期更新になると思います。
入国案内

openclose

ダブ
月別アーカイブ
ダブ王国
僕らのダブ王国
QR
ダブ王国
最新記事
リンク
ダブ王国
私はくろふねと言います。

くろふね

Author:くろふね
ダブ王国入国、ありがとうございます。王国管理者である、貧民のくろふねです。
ダブ(静岡)王国の情報を中心に紹介。他国の文化情報やダブ(静岡)王国民(貧民くろふね)の生活等もお伝えします。

私については
管理人のプロフィール

静岡県のイベント情報も載せていきたいと思います。(浜松中心になりますが)
全てではないですが、ツイート等連絡で情報をもらえれば載せたいと思います。

このブログについては
ブログのこと

僕らのダブ王国成分分析



ブラックon
Google+


ツイッタ―始めました@kuro_and_fune
よかったらフォローしてください。

ある理由の為、フェイスブックも作ったよ( ・ω・)∩
Shiro Kuro

※注意※
●223%非公式情報。
●この国のメイン広場は迷いやすいので、入国案内や国内検索機等の観光案内サービスを推奨します。
●コメント歓迎。もっと知りたい記事は、コメ下さい。(努力します)
●リンク先は慎重に張っていますが、もし問題があれば連絡下さい。
●著作権など掲載記事に問題がある場合は、連絡下さい。

ツイッター

FC2Ad

Copyright © 僕らのダブ王国 All Rights Reserved. &Default Template design by REDNOIR Customized by NEKO